記事一覧

取得ののち30日未満

よく聞くコトバ、バブル経済(80年代から91年)とは何か?時価資産(不動産や株式など)が無茶な投機により実際の経済の成長を超過しても高騰を続け、最終的には投機によって持ちこたえることができなくなるまでの経済状態である。
きちんと知っておきたい用語。ロイズについて。ロンドン中心部のシティ(金融街)の世界的に有名な保険市場なのです。イギリスの議会制定法で法人化されている、ブローカー(保険契約仲介業者)とそのシンジケート(団体や組合)を会員としている保険組合を指す場合もあります。
MMF:公社債や短期金融資産などで運用される投資信託(投資家の資金を集めて専門家が運用する)というものである。気を付けよう、取得ののち30日未満に解約しちゃうと、もったいないけれど手数料に違約金も合わせて請求されるというものである。
よく聞くコトバ、スウィーブサービスって何?通常の普通預金口座と証券取引のための口座間なら、株式の購入資金や売却代金などが手続き不要で振替される便利なサービスである。同一金融グループによる優良顧客囲い込み戦略ということ。
覚えておこう、スウィーブサービスとは何か?普通預金口座と(同一金融機関・グループの)証券用の取引口座の間なら、株式等の購入資金、売却益が自動振替してくれるぜひ利用したいサービスである。同じ金融グループによる顧客の囲い込み戦略ということ。
中国で四川大地震が発生した2008年9月に、アメリカの老舗であり名門投資銀行グループのリーマン・ブラザーズが破綻(倒産)したことに全世界が震撼した。このニュースが世界の金融危機の引き金となったのでその名から「リーマン・ショック」と呼ばれることになったと言う経緯がある。
小渕首相が逝去、森内閣が発足した西暦2000年7月、旧大蔵省から重要業務である金融制度の企画立案事務を統合したうえでこれまであった金融監督庁を新組織である金融庁に改編。そして平成13年1月、ここに金融再生委員会を廃止し、内閣府(旧総理府)直属の外局となった。
覚えておこう、金融機関のランク付けについて。格付機関によって金融機関、国債を発行している政府や、社債などの発行企業に関する、債務の支払能力などの信用力を主観的に評価しているということ。
【用語】MMF(マネー・マネジメント・ファンド):国債など公社債や短期金融資産で主に運用される投資信託(投資家の資金を集めて専門家が運用する)のことである。取得してののち30日未満で解約した場合、なんと手数料にペナルティ分も必要となるのである。
そのとおり「失われた10年」というのは、国やひとつの地域の経済がおよそ10年以上の長い期間にわたって不況、併せて停滞に襲われていた時代を意味する言い回しである。
平成10年6月に、大蔵省銀行局や証券局等金融部局が所掌する業務のうち、民間金融機関等の検査・監督に係るもののセクションを分割して、総理府(現内閣府)の内部部局ではなく強力な外局として新組織、金融監督庁をつくったということ。
よく聞くコトバ、デリバティブの内容⇒古典的な金融取引であったり実物商品・債権取引の相場変動によって発生したリスクから逃れるために生み出された金融商品全体のことであって、とくに金融派生商品ともいわれる。
平成7年に公布された保険業法により、いわゆる保険企業は生命保険会社あるいは損害保険会社に分かれることになり、いずれの会社も内閣総理大臣からの免許(監督および規制は金融庁)を受けた会社以外は行えないということ。
結局、第二種金融商品取引業者(第一種業者とは業として行う内容が異なる)が新たにファンドを作って、さらに適切に運営していくためには、気の遠くなるほど量の、業者が「やるべきこと」と、「やってはいけないこと」が事細かに規定されている。
この言葉、「銀行の経営の行く末は銀行に信頼があって順調に進むか、融資するほど値打ちがない銀行だと見立てられて失敗する。どちらかである」(引用:米モルガン・スタンレー、ローレンス・マットキン)
スポンサーサイト

プロフィール

ノア買取八王子

Author:ノア買取八王子
FC2ブログへようこそ!

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ